まん延防止等重点措置及び緊急事態措置の実施に伴い、4月20日から5月31日を対象期間とする、
「愛知県感染防止対策協力金(4/20~5/31実施分)」を実施します。

実施内容【営業時間短縮要請枠

対象エリア 愛知県内全域
対象期間 2021年5月12日(水曜日)から5月31日(月曜日)まで [20日間]
対象事業者 対象エリア内の休業要請・営業時間短縮要請を受けた飲食店等を運営する事業者(大企業も含む)
※飲食店営業許可又は喫茶店営業許可が必要
元々の営業時間が5時~20時を超えていることが条件
要請内容 ・酒類又はカラオケ設備を提供(酒類の持込を含む)している施設
①酒類の提供、及びカラオケ設備の提供をやめる。かつ、②営業時間を5時~20時に短縮(休業を含む)

・酒類及びカラオケ設備を提供(酒類の持込を含む)していない施設
営業時間を5時~20時に短縮(休業を含む)

主な要件 ・業種別ガイドラインを遵守
・県の「安全・安心宣言施設」に登録し、PRステッカーとポスターを掲示
・終日、酒類及びカラオケ設備の提供の取り止め(酒類の持込みを含む)
交付額 ○中小企業:売上高に応じて4万円~10万円
○大企業:売上高減少額の4割(最大20万円)

実施内容【カラオケ設備利用自粛要請枠

対象エリア 愛知県内全域
対象期間 2021年4月20日(火曜日)から5月31日(月曜日)まで  [42日間]
対象事業者 カラオケ設備を提供している営業時間短縮要請対象外の飲食店等※
カラオケボックスを運営する事業者(大企業も含む)
※飲食店営業許可又は喫茶店営業許可が必要
主な要件 ・業種別ガイドラインを遵守
・県の「安全・安心宣言施設」に登録し、PRステッカーとポスターを掲示
・カラオケ設備の利用の自粛・提供の取り止め
・終日、酒類の提供の取り止め(酒類の持込を含む)(5/12~5/31)
交付額 1店舗1日あたり1万円
※夜間営業を行っているカラオケボックスは【営業時間短縮要請枠】と同額(4/20~5/11)。
夜間営業:(名古屋市外)午前5時から午後9時を越えて営業している店舗
5/12以降は、国の規定に準じた額となる。

※営業時間短縮要請枠とカラオケ設備利用自粛要請枠との重複受給はできません

申請方法等

申請は、「愛知県感染防止対策協力金(4/20~5/31実施分)」として、4月20日から5月11日までの期間と、5月12日から5月31日までの期間をまとめて受け付けることとし、6月を目処にから申請受付を開始する予定です。申請方法については現在調整中です。詳細が決まりましたら、愛知県新型コロナウイルス感染症対策サイトでお知らせします。

申請に必要な書類(予定)
【営業時間短縮要請枠】

(1) 協力金交付申請書
(2) 誓約書
(3) 営業実態、時短要請、休業要請への状況が確認できる書類
   ・飲食店営業許可書(証)又は喫茶店営業許可書(証)の写し
   ・店舗の外観・内観の写真、貼紙の写真、ウェブページの画面の写し
           (営業している事実及び時短等営業・感染防止対策等の事実の確認ができるもの)
(4) 総売上高・店舗別飲食事業売上高の把握できる書類
   ・確定申告書の写し
   ・年別、月別の売上台帳の写しなど
(5) その他本人確認等に必要な書類
   運転免許証、健康保険証、その他公的機関が発行した証明書等の写し
(6) 振込先口座がわかる書類
カラオケ設備利用自粛要請枠
(1) 協力金交付申請書
(2) 誓約書
(3) 営業実態、カラオケ設備利用自粛への対応状況が確認できる書類
   ・飲食店営業許可書(証)又は喫茶店営業許可書(証)の写し(飲食店等の場合のみ)
   ・店舗の外観・内観の写真、貼紙の写真、ウェブページの画面の写し
          (営業している事実及びカラオケ設備利用自粛・感染防止対策等の事実の確認ができるもの)
   ・確定申告書の写し
(4) 総売上高・店舗別飲食事業売上高の把握できる書類(夜間営業を行っているカラオケボックスの場合のみ)
   ・年別、月別の売上台帳の写しなど
(5) その他本人確認等に必要な書類
   運転免許証、健康保険証、その他公的機関が発行した証明書等の写し
(6) 振込先口座がわかる書類

問合せ先
営業時間短縮要請、「愛知県感染防止対策協力金(2/8~3/21実施分)」、「安全・安心宣言施設」PRステッカー等については、県民相談総合窓口(コールセンター)までお問い合わせください。
電話番号:052-954-7453
開設時間:午前9時から午後5時まで(土曜日、日曜日、祝日を含む毎日)