新型コロナウイルス感染拡大防止のため、愛知県の営業時間短縮要請に応じて営業時間の短縮(5時~21時)、または感染防止対策のため終日休業をした事業者に対し、
「愛知県感染防止対策協力金(12月18日~1月11日実施分)」が交付されます。

営業時間短縮要請の実施に伴う当該協力金の申請については、期間「12/18~1/11」と「1/12~2/7」ごとで、別々の申請となります。
⇒1/12~2/7までの営業時間短縮要請に伴う営業時間短縮に関する協力金申請の詳細については、こちらをご参照下さい。(1/18からは時短要請・協力金の内容が変わります)

対象期間・支給額

対象期間:2020年12月18日(金)~2021年1月11日(月)25日間
支給額:1店舗1日あたり4万円、最大100万円(要請に応じた日数分)

主な対象要件

・愛知県内の営業時間短縮要請を受けた飲食店等を運営する中小事業者等が対象となります。この場合、愛知県外に本社がある事業者も対象になります。

※営業時間短縮要請を受けた飲食店等とは、愛知県内の「接待を伴う飲食店」「酒類を提供する飲食店」「酒類を提供するカラオケ店」で、従前より午前5時から午後9時までの時間帯を超えて営業を行う飲食店等を指します。

・営業時間短縮とは、従前より21時から翌朝5時までの夜間時間帯に営業していた事業者が、その時間帯の営業を取りやめることをいいます。(終日休業を含む。)
・業種別ガイドラインを遵守し、「安全・安心宣言施設」への登録、PRステッカーとポスター掲示(下記参照)を行っていることが必要となります。
・対象エリアは、愛知県内全域です。

申請方法

愛知県のホームページを御覧ください(※市および商工会議所では受付できません)

申請受付期間

2020年1月12日(火)から2月19日(金)(※当日消印有効)

お問合せ先

(1)1月12日(火曜日)から協力金専用コールセンターを開設します。
  電話番号:052-228-7310
  開設時間:午前9時から午後5時まで(土曜日、日曜日、祝日を含む毎日)

(2)営業時間短縮、「安全・安心宣言施設」PRステッカー等については、県民相談窓口(コールセンター)までお問い合わせください。
  電話番号:052-954-7453
  開設時間:午前9時から午後5時まで(土曜日、日曜日、祝日を含む毎日)

春の緊急事態宣言に伴う休業要請協力金との違い

・対象施設を酒類を提供する飲食店に限定していること。
・休業ではなく、夜間の営業時間短縮であること。
・給付要件が期間中全日休業ではなく、対象期間中に夜間の営業時間短縮をした日数によること。
・申請受付・交付事務を愛知県が行うこと。